事例紹介

高性能インクジェットシステムを可能にするKNFポンプ

Xaarグループの一員であり、大容量インクジェットソリューションのトップメーカーであるMegnajet社は、流体管理システムの専門知識で有名です。KNFポンプは、12年前の創業以来、Megnajet社のシステムの心臓部として信頼されてきました。

メグナジェットは過去20年間、KNFのポンプを利用してきた。

急速に進化するインクジェットプリンターの世界では、信頼性の高い流体管理ソリューションへの要求が高まっている。流体管理システムのスペシャリストであるMegnajetは、一貫してこの課題に取り組んできました。KNFポンプは、同社の革新的なインク供給ソリューションの中核を担っており、非常にスムーズで信頼性の高いオペレーションを実現しています。

インクジェットテクノロジー: 業界を超えた印刷革命

インクジェット・テクノロジーは印刷業界に大きな影響を与え、幅広い用途に汎用的で効率的なソリューションを提供してきました。パッケージングや製品ラベリングから3Dオブジェクトへの精密な印刷まで、インクジェットプリンターは多くの分野でその地位を確立してきました。
印刷プロセスにおいて、インクやコーティング剤などの流体の流れを制御・調整する流体管理システムは、この技術において重要な役割を果たしています。流体管理システムは、流体が適切な流量、温度、圧力で供給されることを保証し、正確で一貫した印刷品質と効率的な流体の再循環をもたらします。

Megnajetの最先端印刷ソリューション

Megnajetは、流体管理システムの設計・製造のエキスパートとして、積層造形、グラフィック、パッケージング、テキスタイル、セラミックなど、幅広い産業や用途に最先端の印刷ソリューションを提供しています。包括的な製品ラインアップにより、OEMやインテグレーターが信頼性の高い精密な流体制御をインクジェット・アプリケーションに組み込むことを可能にする産業用流体管理システムを提供し、卓越した精度と画質で高速印刷を可能にしています。


Megnajet社のシステムの中核をなすKNF社のダイアフラムポンプは、インクの供給や再循環、メニスカスや差圧の制御、ガス抜きやパージなど、さまざまな作業に使用されています。KNFとXaarグループとの良好なパートナーシップは20年前にさかのぼります。KNF社のポンプは、Megnajet社の有名なCIMS II (Compact Ink Management System)、HV (High Viscosity)、RackFit製品に組み込まれています。

ジェットソース・テクノロジーの紹介

Megnajetの最新の流体管理システム「ジェットソースHFRコア」は、業界で高まる大量の流体吐出に対する需要に応えるため、高流量の産業用インクジェット印刷アプリケーションに正確で信頼性の高いインク供給を提供します。インクフローを最適化し、目詰まりを最小限に抑え、安定した印刷品質を保証します。高度なモニタリングと制御技術を統合することで、このシステムは、適切な流量と圧力で調整された大量の流体により、効率性と生産性を実現します。


Megnajetの最新のJetSourceテクノロジーは、最大5つの独立した印字ヘッドポートを通して、毎分4リットルの速度で液体を再循環させることができます。この高性能システムは、効率的なジェット噴射やマルチヘッドのセットアップに必要な正確な流量、温度、圧力で大量の調整済み液体を供給することで、さまざまなインクや流体管理タスクの処理に優れています。そのため、印刷物の装飾、点字、光沢効果、コーティング、接着剤、生産性の高い付加製造など、幅広い用途に最適です。さらに、Megnajetのジェットソースシステムは、印刷デューティの変化に対する応答性が非常に高く、大量の液体を噴出する場合でも安定した圧力制御を提供します。

JetSource HFRコアは、KNF FP 400とFP 150ポンプを採用し、スムーズで正確、かつ信頼性の高い運転を実現しています。
JetSource HFRコアは、KNF FP 400とFP 150ポンプを採用し、スムーズで正確、かつ信頼性の高い運転を実現しています。

卓越したカスタマイズ

JetSource HFRの中核をなすのは、循環ポンプとしてのKNF FP 400と送液ポンプとしてのFP 150です。ダイアフラム技術固有の利点である自吸式、ドライランニング機能、耐久性、腐食性の強い媒体への適合性に加え、新しいFPポンプは脈動がほとんどなく、液体をスムーズに送液します。これにより、より効率的で効果的な流体システム、繊細な媒体の穏やかな取り扱いなど、さらなる利点が得られます。FP 400のシステムを通して加熱された大量のインクを再循環させる能力は、新しいJetSource流体管理システムを可能にする特に重要な技術です。

 

高温下での連続的なプライミングと長時間にわたる信頼性に必要な再循環を5台のプリントヘッドに供給できるFP 400は、1台あたり最大330ml/分にも達するXaarプリントヘッドの高いレイダウン能力もサポートします。このタスクを達成するために、FP 400のユニークなカスタム設計は、より硬いFFKMダイアフラムを採用し、流量を増加させています。ポンプの寿命を延ばすため、偏心率は元のサイズの80%に縮小されています。

FP 400は、流体管理システムを通して加熱された大量のインクを再循環させるのに理想的である。
FP 400は、流体管理システムを通して加熱された大量のインクを再循環させるのに理想的である。

プリントヘッドの性能を最大限に引き出す

KNFポンプは、流体管理システムの中核をなす基本的なコンポーネントであり、化学的に侵食性の高いインク、摩耗性の高いインク、敏感なインクを扱う場合でも、信頼性の高い安定した性能を発揮します。幅広い流量調整と拡張性を提供するモジュール設計により、Megnajet社は特定の要件を満たす正確な機能を選択することができました。「最も厳しい条件下でも、KNFポンプはその信頼性を証明し、中断のないプロセスを保証してきました。長い耐用年数と正確な性能により、KNFを信頼できるパートナーとして迎えられたことを誇りに思います」と、Megnajet社のゼネラルマネジャー、マイク・シール氏は説明します。


KNFはMegnajet Xaar社の長年のパートナーであり、20年にわたり同社の革新的なインクジェット・ソリューションで重要な役割を果たしてきたポンプを有していることを誇りに思っています。