フィルトレーション(ろ過)

真空ろ過とは、サンプルと液体を分離する効率的な手段です。 

単純に重力を使った自然ろ過とは対照的に、真空ポンプを使用して圧力差を生じさせることで液体に対して吸引する力が加わり、より効果的に液体をフィルターに通すことができます。減圧が不十分だとろ過に時間がかかり、減圧が過剰になるとフィルターが破れる可能性があるため、用途に合わせてポンプを選定する必要があります。真空度を管理する簡単なソリューションの1つは、ポンプに真空レギュレータとゲージを装着することです。

 

ポンプの選定は、フィルターのサイズ、フィルターの数(マニホールド使用の場合)、容器のサイズ、媒体の種類など、さまざまな要因を考慮し行います。例えば水溶液剤の場合、強溶剤や酸と同レベルの耐薬品性は不要です。また、容器のサイズが大きくなるとより高い排気速度が必要となり、媒体が高粘度の場合は到達真空度の高さが必要となります。

 

 

ポンプの選定において気をつける点:

 

  • システムの容量に応じた排気速度
  • オイルフリー運転
  • 真空度の調整機能
  • 吸気と排気の双方で溶媒回収が可能な機能

 

 

KNFポンプのご希望用途に関するご相談は、当社の営業担当までお問い合わせください。

 

ろ過向け製品

製品一覧をご覧いただき、お客様のご要望に合う理想的なソリューションを見つけてください。

製品を見る

ラボ用製品&アプリケーション

KNF Website Customer Survey

For improving our website, we rely on the feedback of our customers and partners.  We would kindly ask you to participate in our customer survey and share your feedback with us.

Participate Now
Participate Later
ウェブサイトに戻る