Analytica 2022展示会でのKNF

分析化学システム用に3タイプの新型ダイアフラムポンプ

2022年6月21日から24日まで、ミュンヘンのAnalytica展示会のホールA1、ブース514でKNFは分析用システムソリューションのメーカーのために最新の製品開発を発表します。今回もいくつかのAnalytica firstsがあります:新型ダイアフラムガスポンプおよびコンタミネーションフリーで液体を移送できる2タイプのジェントルフローポンプです。

システムにおけるアプリケーション用に迅速に減圧。

N952ダイアフラムポンプは一定の高い流量を維持しながら究極の真空を得るためのポンプです。これによって、最新のKNF製品開発が高真空且つ、速やかに到達真空に至るべく、分析システムアプリケーションに理想的なことを証明しています。例えば、ターボポンプ粗排気や容器減圧にはこの組み合わせが最適です。最高36 l/min,の最大流量を誇りながら、オイルフリーポンプでありは、減圧時のダウンタイムに威力を発揮します。到達真空度は 1.5 mbar absです。  

 

 

画期的な低振動と低ノイズ

さらにN952は流量特性に対して低振動と低ノイズを実現し画期的なソリューションをもたらします。KNFは特にN 952真空ポンプ用に新世代ブラシレスモータの開発をしました。この専用モータのコントロールボードは回転速度が遅くても、ポンプが最適な性能を発揮することを可能にし、ノイズを抑えることと振動を低く抑えることに大きく寄与しております。

 

N952ダイアフラムポンプは一定の高い流量を維持しながら究極の真空を得るためのポンプです。
N952ダイアフラムポンプは一定の高い流量を維持しながら究極の真空を得るためのポンプです。

デジタルパラメーター化が可能

Digital Customizationシリーズからの社内開発の全てのKNFモーター同様に、新世代ブラシレスDCモータはデジタルとアナログの両方で制御できます。  デジタルパラメーター化は特定のスタートアップ特徴の正確なマッピング、ダイナミックな操作プロフィールとプロセスの必要条件に見合う安全パターンを容易にしてくれます。これが分析システム用のモータ回転速度制御カスタムフィットコンポーネント付のN 952シリーズ真空ポンプを実現します。

 

 

超純水システム用の低脈動液体転送移送

ジェントルフローポンプシリーズの主な特長は優れた低脈動ポンプです。脱イオン水システム用の新型のオイルフリーFP 1.150 および FP 1.400 液体ポンプはコンタミネーションフリーの液体移送を可能にし、高圧においても継続的に操作できます。静穏設計と流量調節機能、これが理想的なソリューションです。FDA認可済みポンプは最高 1.1 l/min (FP 1.150) および 4.4 l/min (FP 1.400)の流量を実現します。

 

脱イオン水システム用の新型のオイルフリーFP 1.150 および FP 1.400 液体ポンプはコンタミネーションフリーの液体移送を可能にし、高圧においても継続的に操作できます。
脱イオン水システム用の新型のオイルフリーFP 1.150 および FP 1.400 液体ポンプはコンタミネーションフリーの液体移送を可能にし、高圧においても継続的に操作できます。