ロータリーエバポレータ

ロータリーエバポレータとは、効率的に液体の分離濃縮を行う方法です。エバポレータの基本原理は、回転する試料フラスコにより試料の表面積を増やし、その温度と真空度を最適化することにより、溶媒を短時間で効果的に分離することです。また、冷却コンデンサ(ドライアイスまたは再循環)で、分離した溶媒を回収します。
 

用途例は、以下の通りです。

 

  • 溶液や懸濁液の分離濃縮
  • 結晶化や再結晶化
  • 溶媒の蒸留や回収
  • 化学合成 

エバポレータシステムにおいては、真空ポンプと組み合わせて使用します。

 

 真空ポンプの選定において気をつける点:

 

  • オイルフリー運転
  • 湿気の多いガスへの対応
  • 到達真空度
  • システム全体の容量に応じた排気速度
  • 吸気と排気の双方で溶媒回収が可能な機能
  • 真空度の調整機能

 

 

KNFポンプのご希望用途に関するご相談は、当社の営業担当までお問い合わせください。

ロータリーエバポレーター向け製品

製品一覧をご覧いただき、お客様のご要望に合う理想的なソリューションを見つけてください。

製品を見る

ラボ用製品&アプリケーション

KNF Website Customer Survey

For improving our website, we rely on the feedback of our customers and partners.  We would kindly ask you to participate in our customer survey and share your feedback with us.

Participate Now
Participate Later
ウェブサイトに戻る